あひるの空ヘビーローテーション+

日向武史先生の『あひるの空』が好きすぎて、ネタバレしすぎない程度に考察してます。

MENU

あひるの空46巻

【あひるの空 考察】口を開けば名言製造機。「あひるの空」坂田さんに今日は勇気づけてもらおう。

まえがき 1999年から2000年に変わる瞬間、僕は塾にいました。 ”ミレニアムオールナイト自習”をしよう!と、友達と先生にお願いして年明けの始発まで塾を開放をしてもらうことにしました。「ミレニアム」とは西暦を1000年単位で区切った節目の年…

【 あひるの空 考察】 唐沢さんがなぜココまでグイグイ絡んでくるのかを考えた。

『あひるの空』13巻で登場した”唐沢”はトビの成長へと大きく貢献した人物でした。あれ以降登場しないと思われたが思わぬところで再登場しました。脇役でありながら、そこからグイグイとストーリーに絡んでくるのには理由があるのではないか。そんな考察をし…

【 あひるの空 考察】 百春の終活?―花園百春のケガは全く完治していなかったという最終回説。

妙院戦をひたすらに読み込んでいたら、散りばめられた点に蜘蛛の糸のような柔くかすかな一本の線を見つけてしまったのです。僕はその蜘蛛の糸に今、絡め取られた蝶の如くもがいています。丸高戦で負傷した百春は全く完治していなかったという最終回説を考察…

「あひるの空」とあの組織のただならぬ関係

まえがき 僕は、小学校で初めて入るクラブ活動に「まんが部」を選びました。 今をもってしても、どうしてマンガ部だったのか、さっぱり思い出せない。 回り回って、このブログを書くためだったということにしておくけど。 Follow @ahirote まえがき まんが部…

【あひるの空46巻 考察】「あひるの空」日向武史先生の”神奈川高校選抜 DREAM GAME”構想

『あひるの空』46巻の一枚の扉絵から日向武史先生が”神奈川高校選抜”という構想があるのではないかという考察をしてみました。

「あひるの空」がアニメ化するべきではない3つの理由

熱望していた『あひるの空』のアニメ化でしたが、井上雄彦・伊藤比呂美 著『漫画がはじまる』を読んで、僕は「あひるの空はアニメ化するべきではない」という結論に至りました。その結論に至ったいきさつを『漫画がはじまる』を紹介しながら綴っています。