あひるの空ヘビーローテーション+

日向武史先生の『あひるの空』が好きすぎて、ネタバレしすぎない程度に考察してます。

MENU

こんなモンバスだったら

f:id:ahirote:20170808054155j:plain

まえがき

一度は行ってみたい。

その響きには、楽しさしか感じない。

この仕掛け人は誰だか分からないけど、天才だと思う。

今年はもちろん、来年もどうせ行けないし、姫がもう少し大きくなるまで無縁。

でも、悔しいからとりあえず何でもかんでも付けてやる!

あひるの空もうすぐ発売フェス.

お盆5連休フェス.

頼んでた靴がやっと入荷されたフェス.

8月楽しみにしているものに「フェス.」を付けてワクワクを3割増しにしてみるという悪あがき。

blog.ahirunosora.net


スポンサーリンク

「合宿してぇ」

「壮大なものを見に行こう」

以前、圧倒され恐れすら感じた富士山の偉大さをまた感じたくて、家長の僕が急に言い出しました。そして、家族を連れ、山中湖へ日帰りで。

えー生憎の曇りのち雨・・・久々の旅に1週間前からワクワクしている息子に「今日はやめよう」とは言えませんでした。。。

近くには来てるはずなのに、どれが富士山かも分わからない。おそらくコレが例の青木ヶ原樹海だよね・・・麓すら危うい。

お土産に見れたのは、「合宿の空気」だけでした。

「あー合宿してぇなぁ」と僕がボヤく。

「何の?」と妻が変化球をよこす。

山中湖周辺を車で走っていると、テニスコート、体育館、テニスコート、体育館。合宿所ばかりなのに驚きました。数年前に来たときは気づかなかった。時期的なのもあったのだろうか。

信号から信号までの間で、夏は始まったばかりだというのにすでに真っ黒で色とりどりの練習着を着てる”THE合宿学生”を何組も追い抜いて昔を懐かしんでいた。当初の目的が果たされなかった悶々とした思いをそんな合宿の空気に触れた思い出に変えたく「合宿してぇ」と自己暗示でボヤくことに意味があって、それ以上の計画はない。

「何の?」と言われましても。。。

姫が生まれてからバスケには全然行ってないし、バスケに行ってたとしてもバスケ合宿なんてしたら、生死を分けることなる。もとより、所帯持ちのアラフォーが合宿なんて行けるわけもないし、「合宿なんて。またまた」と変な誤解を生むこと必至だ。

うん?この変化球はそういうことだったのか?と、今になってそう思う。恐っ

その時は誠実に―今、属してる団体と言えば、会社か町会かで、会社だとしたら「タイピング合宿」だし、町会だったら「回覧版をいかに迅速に回すか合宿」くらいしか思いつかない。―とか考えてました。口にはしませんでしたが。

あそこは察して「私もぉ~」と同調だけしてくれればよかったのに、変化球をよこすもんだから話がややこしくなる。

「草むしり合宿してぇ~」って言ったら、「私もぉ~」と妻はすかさず同調して、気持ちよく旅の思い出は「合宿の空気」で塗り替えられたのだろうに。

???

恐らく皆さんは?ですよね。

彼女の変な趣味で、「草むしりなら一日中やってられる」と常々言っているからです。


とりあえず、今回行ったとこ↓

山中湖交流プラザ きらら・・・早く着きすぎたので。

ダラスヴィレッジ・・・息子の自由研究用に。

ヨーロピアンカフェ グータン・・・マスターは斉藤和義風。奥さん(?)木村文乃似の美人。

山中湖温泉 石割の湯・・・思ったより小じんまりだけど、悪くなかったです。

秋にでも富士山フェス.すっかな。

モンバス

そんなわけで、『あひるの空』夏フェス.*1を開催し、気を紛らわすことにしました。

↓この辺りが夏休み編だわね。無限ループで読み込み中です。

まえがきのヒガミはね、この山中湖の旅の不完全燃焼感からもそうなんだけど、さらにモンスターバッシュ編を読んだもんだから、夏に夏らしいことをしたい病が悪化してしまったことが原因でございます。

今日はモンバスにまつわる話。

25巻で実際に開催されるようになったと日向武史先生が言っていたじゃん。それから何年も経ってるから、さぞ盛り上がりまくってるんじゃねぇべかと検索をしてみたんです。

そしたら、なによコレ!?『あひるの空』以上に盛り上がっとるやんっ!

MONSTER baSH 2017

でも、それがすぐに勘違いだということが分かりました。。。

どっちが先や?

MONSTER baSHは、四国初の本格野外ロックフェスとして2000年にスタートした。初年度の観客動員数は約5000人[1]。 2002年より会場を移した国営讃岐まんのう公園では、2003年から現在まで「空海」「龍神」というメイン2ステージ制を取っており、モンバスが全国的に認知されるようになったのもこの形態を採用してからである。他フェスと一線を画すこの2ステージ制では、一つの会場で両方のステージを堪能することが可能、つまり、モンバスに参加すれば必然的に「空海」「龍神」ステージの出演者を全て見ることができる。また、メイン会場となる芝生広場は、緩やかなすり鉢状になっていて、屋外にいながらまるでスタジアムのような雰囲気が感じられる。

MONSTER baSH - Wikipedia

『あひるの空』の連載が2004年。つまり、ロックフェスのモンバスが先ということになります。

全然知らなかった僕は、「バッシュ」に「モンスター」掛けちゃうんだぜ~日向武史先生のセンス、さすがだわ~って思ってココまで生きていました。

日向武史先生が言ってた川崎のモンバスもYouTubeで見たことあります。あと、バスケ大会Monster Bashを全国開催しようというムーブメントも見たことあります。

しかしながら、今年17回目を迎えるロックフェスMONSTER baSHは、その名に恥じない来場者数5万人規模のモンスターフェスになっていて、本家の前では出る杭は”baSH”され(たたいてめり込ませられ)、じきに「モンスターバッシュ」の名前はバスケ関連では使いづらくなってきますな。きっと。

そもそも、先に言ったように『あひるの空』における「Monster Bash」は、音楽好きの日向武史先生がロックフェス「MONSTER baSH」の名前をあえて使ったのだと思われます。

それは、2000年に開催されたモンバス第1回目の出演バンドで分かるのです。

www.monsterbash.jp

AIRだ。

日向武史先生が敬愛する車谷浩司氏が参加しているんだ。実際にその場にいたかは分からない。ただそこに感銘を受けたのは確かで、『あひるの空』で「Monster Bash」を登場させたのは、ロックフェスへの敬意に他ならない。それ以上の発展を望んだわけではないだろうね。

こんなモンバスだったら

例のミスチルが当たるように、ドコモ様に媚びを売ります(笑)

例のミスチルのくだりはコチラで↓ blog.ahirunosora.net

ハッシュタグ「#いつかあたりまえに」いくつか投稿してみました。

こんな「#いつかあたりまえに」も考えてみました。

#いつかあたりまえに、「MONSTER baSH」の会場でバスケ大会も開かれるようになってて、ゲーム中は日向武史先生の「あひるソング」が流れてて、また別の会場では『あひるの空』の画に合わせてバンド演奏とのコラボがあったら、最高に素敵な演出になると思う。そしたら、妻に何と言われようとも、妻に誤解されようとも、絶対に毎年行くんだけどな。

「MONSTER baSH」関係者にこの思いが届きますように。

おまけ

間違え見つけた↓

f:id:ahirote:20170808054016j:plain

f:id:ahirote:20170808054030j:plain

ノバディーズパーフェクト!

*1:不完全燃焼のこの思いを『あひるの空』~夏休み編~を夏に読むことで、夏を感じる一連の行為