あひるの空ヘビーローテーション+

日向武史先生の『あひるの空』が好きすぎて、ネタバレしすぎない程度に考察してます。

MENU

『タッチ』すぎるタッチオマージュ

f:id:ahirote:20161025060404j:plain

まえがき

ちらと、TVを見てたら、地元TVで「タッチ」がやってって、どうやらお気に召さなかった息子は、チャンネルを変えた。

思わず、

「いいとこだから、チャンネルかえんなや!」

6歳の息子に声を荒げる33歳おやじ。

勢南高校の西村が、次に戦うはずだった達也率いる明星高校の戦いに進めず、何も知らない達也のとこにそれを伝えに行くという何とも切ないあのシーン。

こんなのを観てしまったために、タッチ熱が冷めやらず、保存版にしているタッチを2階からごっそりと持って来ております。


blog.ahirunosora.net


スポンサードリンク


タッチヘビーローテーション

南ちゃん、やっぱりかわいすぎるぜよ。

そして、和也と達也と南のあの三角関係は、ホントに切なすぎる。。。

非情にも、和也がいなくなってホッとしてる自分がいるのが、汚い部分をえぐられてる感じ。

さて、最近こんな記事を目にしました↓

ddnavi.com

「ファン衝撃」というあからさまに過大なタイトルに釣られてしまう自分(笑)

誰もが知っている同作だが、2016年10月12日(水)発売の『月刊少年サンデー(ゲッサン)』で明かされた同作の名前の由来に「まじかーーー! この事実は結構ショック(笑)」「まさかそんな意味があったとは…震えたわ」とファンに衝撃が走っている。

 同誌では、覆面漫画家・カメントツがあだちにインタビューしているのだが、「なんで『タッチ』で上杉和也を殺したの?」というド直球な質問から始まっている。あだちは「最初から殺すつもりだった」とこちらも直球かつ驚愕の事実をさらりと返答。さらに「タイトルの『タッチ』は『バトンタッチ』の『タッチ』だからねぇ。」と、天地がひっくり返るような事実を明かすのだ。

 あだちは、当時の担当編集者から「人気のあるキャラだから殺すな」とさんざん釘を刺されていながら、原稿を置いて行方をくらましたと当時のことを振り返っている。これにファンからは「タイトル決める時点で決まってたのかー! 鳥肌立った」「和也が死んで飯が喉を通らなかった俺は、あだち充の手のひらの上で踊らされてたんだな」「驚きすぎて声も出ないわ(呆然)」といった声が。

”バトンタッチ”の「タッチ」―そういうことだったのかっ!

たっちゃんの「タッチ」と野球のタッチアウトを掛けてるんだと思うてた。

何とも浅はかよ。


「タッチ」といえば、毎年夏休みなると決まって、10時頃のアニメ特集で毎日放送されていたのを思い出す。

タッチ観て、プール行って。

子どもなりに、タッチ観て切なさを感じてたなぁ~

僕は、「タッチ」の”笑点感”が好き。

何て言えばいいんだろう~ちゃんとオチが落ちてるところ。難しいことはしない起承転結の模範みたいな。

だから、読んでてスッキリする。

伏線を引っぱって引っぱって、結局オチが落ち切れてないみたいな漫才や漫画が多い中、あんな漫画、今でも出会ってない気がする

昭和の漫画なんでしょ?と、壁を張らずにぜひ若者たちには読んでもらいたい作品です。

と、”タッチヘビーローテーション”になりそうなので、、、

「タッチ」オマージュ

さて、あひるの空に話を戻しましょう。

あひるの空の作中に、完全に「タッチ」を模したであろうストーリーがあることに気づきました。

それは、31巻の第233話「風待ち」というタイトルのついたストーリー。

「タッチ」すぎるオマージュ。

d.hatena.ne.jp

まずは、タッチ「努力と期待の巻」より―

タッチ (3) (小学館文庫)

f:id:ahirote:20161025054848j:plain


そして、あひるの空「風待ち」―

あひるの空(31) (講談社コミックス)

f:id:ahirote:20161025054944j:plain

f:id:ahirote:20161025055003j:plain

f:id:ahirote:20161025055020j:plain

ね。

日向武史先生の隠れ「タッチ」オマージュ。

スラムダンクだけではなかった。

blog.ahirunosora.net

”はるおくんの交通事故”も「タッチ」オマージュの可能性ありだね。

「胸キュン」戻りてぇーなぁ~

ちょいちょい挿まれる百春と円の付かず離れずの恋の模様には、

おいっ!おいっ!おいっ!もう言っちゃえよ!

そうだっ!そうだっ!そこで唇を奪ってしまえっ!

って、思わずツッコミを入れたくなる。

でも、高校生って、そういえばこんな純粋無垢だったよな。

このブログは、中高生の読者も多いからこんな感じの胸キュンを毎日感じてるのかなぁ~

戻りてぇーなぁ~


同級生だった妻とは高校2年生から付き合い出しました。

11月26日。クリスマス1ヶ月前。

僕は告白する決心はできていました。

でも、

付き合うだろ~
↓↓↓
やっぱりデート誘わなきゃいけないだろ~
↓↓↓
そんでもって、クリスマスプレゼントも渡さなきゃだろ~

(こんな初々しい時もあったんですねw)

あー金がねぇよサンタさん・・・。もう少しバイト代貯めてからにしよ。

そして、そう思っていた矢先。

コクられちゃいました。。。

あれからもう15年も経つんか~

「おいっ!おいっ!おいっ!もう言っちゃえよ!!!」

なんて、15年でずいぶん心が汚くなったもんだ。。。

あひるソング「風待ち」

「風待ち」のタイトルは、あひるソングから来てます。

GRAPEVINEの曲だけど、女子が歌った方が「風待ち」がしっくりくる。


スロウドラマ / 風待ち (GRAPEVINE Cover)

髪を短くした

みんな知らぬ間に時を過ごしてるのかなあ

思い描いたとおり?だったかなあ

また夏の感じがしました

明日も晴れだったなら会いに行こうかなあ

会いに行こうかなあ

風のせいかなあ

GRAPEVINE 風待ち 歌詞

最後のこのフレーズがスゴくいい。

一週間は「風待ち」ヘビーローテーション。

これも風のせいかな。